相続や離婚問題はプロがレスキュー|法律問題お助けヘルパー

土地の有効活用術

現金が一番もったいない

相続税を課税する上で、課税される側にとって一番価値の低いものが現金です。その理由は、相続税評価額の計算の考え方にあります。 相続税法は、負担が少なくなりやすいように評価額を計算するようにしています。しかし、一定の財産についてはその考えが適用されません。その財産とは、現金に近い財産です。現金や預金等がそれに該当します。 これらの財産は、金額がはっきりしているので、少なくしたくてもしようがないのです。このため、相続税の課税上においては、現金以外の財産で持つことが重要になります。 おすすめは土地です。取引されている金額よりも2割低く評価されます。また、工夫次第では、さらに評価額を下げることも可能です。現金や預金をたくさん持っている方は、土地の購入を検討してみましょう。

土地ならできる相続税の節税対策

土地の評価額をさらに下げることができる工夫について見ていきましょう。まずは、他人に貸すことです。貸したとしても所有権は残っているので、評価額が0円になることはありません。しかし、大幅に利用が制限されるのは確かです。そのため、評価額は大きく減らされます。 自分で使っている場合でも減らすことが可能です。例えば、家を建てて住宅用地として使った、事業を始めたといった場合なら、評価額を8割減らせます。貸している場合、先ほどの評価額の減額に加え、さらに5割評価額を下げることができます。 細かな要件があったり、申告を必要としたり注意すべき点はあります。ですが、現金では受けられなかった税負担の軽減効果を実現できます。相続税対策として、ぜひ利用してみて下さい。

利用してみよう

相続時精算課税制度を利用するには、贈与税の届出書や戸籍、住民票などが必要です。控除されるため、負担なく受け取ることが出来ます。相続時精算課税は、通常の贈与よりも有利になります。

知っていると良い知識

故人から遺産を取得すれば相続税が課されます。税金は税負担能力がある者に課されます。遺産を取得し、得をした者には税金を負担する能力があると考えるのです。控除を受けるための条件があります。

オススメリンク

  • 赤羽税務会計事務所

    相続を川越で相談するならこちらがオススメですよ!解決の目処が立たない問題でも、専門家がしっかり対応してくれます。

専門家が解決する

弁護士は離婚に関する問題を、スムーズに解決してくれます。夫婦だけでの問題解決はなかなか上手く進めることが出来ないため、知識のある弁護士に間に立ってもらった方が良いでしょう。