相続や離婚問題はプロがレスキュー|法律問題お助けヘルパー

知っていると良い知識

債務を負担するのは相続人

遺産は土地や現金といった、もらう側にとってプラスになる財産のみではありません。借金などのマイナスになる財産もあります。 そういった財産を相続した場合、税負担能力は小さくなると考えられます。そのため、相続税は減少することになります。これを債務控除と言います。 多くのケースで、債務を負担するのは相続人となっています。他の者が引き継げないわけではありませんが、他の者が引き継ぐケースはあまりありません。このようになっている理由は、債務控除の適用を受けるための条件にポイントがあります。

債務控除を受ける条件とは

債務控除を利用するための条件は、相続人又は包括受遺者であることです。相続人は遺産を取得すべき者とされた者です。であるならば、債務もその者が負担すべきであると考えます。 相続人以外の者が負担するのを認めていないわけではありません。しかし、それは善意でしかないと考えられます。結果、相続人以外の者が債務控除をすることはできないのです。 包括受遺者とは何なのかと言うと、遺言により、遺産を一定割合分もらえるとされた者のことです。特定の財産を渡すのではなく、割合を与えられた者のことです。立場としては、相続分をもらったのと同じと考えられ、債務控除を受けられるようになっています。 この2つ以外の者が負担しても、債務控除は利用できません。多くのケースで相続人が負担しているのには、このような理由があったのです。